医療事務のアルバイトについて

医療事務のアルバイトでは主に、レセプト業務(診療報酬請求業務)や、処方箋などの情報処理の為のパソコンでの入力作業、そして窓口業務などに従事します。裏方のアルバイトとは言っても計算や会計など、慎重さや正確さが求められる仕事であり、多くの患者の個人情報に触れる事にもなるので、当然守秘義務も求められます。病院の規模によっては担当業務が分かれている場合もありますが、小規模な診療所では幅広く担当することになる場合もありますので注意が必要です。医療と名の付くアルバイトですが、未経験、無資格の者でも採用している所もあり、特別高度な医療知識を必要とする業務ではありません。ただし、受診に関する問い合わせや予約の受付などの窓口業務を別とすれば、医療保険や診療報酬の算定に関する知識を必要とし、ある程度カルテの内容を理解する能力を求められる事もあるので、事前に通信教育などを利用し、医療事務技能審査試験を受けるなどして、医療事務に関する資格を有していると採用にあたって有利になります。また有資格者は採用時の時給に関しても優遇されている場合が多いので、そういった面でも資格を取得しておいて損はありません。医療事務の仕事は全国各地、大小様々な病院で必要とされるものです。その為、経験が無駄になる事無く、再就職しやすいというメリットもあります。採用にあたって経験者は優遇され時給も高めに設定されている場合が多いのも魅力です。
C71追伸:魅力的なサイト見つけました!転職するだけでお祝い金が貰えるらしいですよ!⇒看護師転職ならココ!お祝い金が貰える看護師求人サイトTOP3

続きを読む

医療事務の給料について

医療事務の給料は、雇用形態によって変わってきます。正社員(高卒)だと、初任給がおよそ16万円、35歳でおよそ26万円、50歳でおよそ34万円です。大卒なら、初任給がおよそ18万円、35歳でおよそ27万円、50歳でおよそ36万円です。一般の事務職とさして変わらない水準ですが、後述のパートなどと比較すると高いですし、「身分が安定している」「社会保険が付いている」「ボーナスや退職金がある」などの利点もあります。ただし、朝が早かったり、残業が避けられないなどの難点もあります。次に、パートの医療事務の給料は、だいたい時給850円というのが相場です。これも、一般事務職と変わらない水準といえます。もちろん、働き続けるうちに上がっていくこともありますし、経験者であれば最初から1,000~1,200円ということも珍しくありません。とはいえ、どうしても正社員よりは低くなってしまいますが、その分残業は少ないですし、午前だけや午後だけなどの短時間勤務も可能であることが多くなっています。そして、派遣の医療事務の給料は、時給にして1,000~1,300円程度ですが、個人の能力によって変動します。未経験なら1,000円、資格を持っているなら1,200円、経験者なら1,500円くらいというのが相場です。パートよりも水準は高めですし、ある程度は労働時間についても交渉できるので、正社員とパートの中間に位置するといえます。

続きを読む

医療事務はインターンシップで実践力を

仕事に活用できる資格は、たくさんあり医療事務もそのひとつです。しかし共通して言えるのは、資格はとるだけでは職業には直結してきません。そこにはどうしても実務能力が必要となります。が資格をとったものがどこで実践力を磨くかが問題になります。こうした問題の解決に利用できるのが、インターンシップです。この制度は、企業の内で実務に即した実習を行うことで実務への経験値を上げて、即戦力にならずとも企業に採用された時の企業側のオンザジョブトトレーニングの負担を軽減し、速やかに実務者へのレベルに導くプレトレーニングであって、実習する訓練生も経験をつめて職業適性を見極めるといったメリットがあります。医療事務においてのインターンシップは大切でことで、医療事務の仕事が医療の内容は高度するにつれてバリエーション豊富になり対応力が求められているからです。しかしながら時間的経済的な負担少ない一般の3か月程に受講コースにはこの制度を設けることは時間的に不可能です。主にこの制度を設けているのは、2年ないし1年半通学のビジネススクールで、2年次に3か月実習にいきます。こうしたビジネススクールでは、医療事務以外秘書検定、PCスキルも学べるので、期間は少し長いですが有益です。こうした観点からインターンシップで実務力をつけた方がすこし時間がかかっても実践力もつき、本人も職業に就くことに自信が付きます。時間的にも経済的にも許容できるものならビジネススクールにてこの制度を利用して実践力をつけることがいいです。

続きを読む

医療事務の仕事内容と資格の意味

医療事務の最大の仕事内容は、保険請求を行うことすなわちレセプトを正しく作成することです。レセプトは国民健康保険団体連合会または社会保険診療報酬支払基金に対して請求を行いますが、毎月10日が締め切りであると厳しく定められています。この日までに前月分の医療に関する保険請求を正しく行わなければ、医療機関の収入は激減してしまいますから、医療事務の仕事は極めて重要ということになります。医療事務はそもそも昔は資格制度そのものがありませんでした。現在では民間等において資格制度が出来ています。この医療事務を行う上で仕事内容を一から教えなくてもいいというメリットがあるため、有資格者を優先的に採用する傾向があると言われているところです。ただ、従来から医療機関でレセプト作成をしてきた人からすれば、特段改めてこの資格の取得をしなくても問題はない程度のものです。この資格がなければこの仕事ができないわけではありませんし、むしろ実務経験の方が重要視されます。仕事内容のメインはレセプトを正しく作成し、正しく請求を行うことですが、万が一ミスなどがあった場合には、国民健康保険団体連合会にしろ社会保険診療報酬支払基金にしろ返戻されてしまいます。翌月に正しく訂正して再度請求をし直さなければならず、結果的に収入を得るのが遅くなってしまうばかりか、再度レセプトを作成するなどの仕事が無駄に増えることになりますから、この医療事務の仕事は決して疎かにしていいものではありません。

続きを読む

医療事務に関する資格試験

もともと、患者に対して医療行為を直接行う医師や看護師と違い、医療事務自体は資格がなくとも従事する事が可能な業務であり、採用にあたって必ず試験を必要とするものではありません。ですが、実際には募集をかける際に有資格者を優先する病院もあり、無資格者はそれだけで採用時に不利になってしまう事もあります。医療事務に関する資格はいくつもの種類があり、簡単なものから、難しいものまで、その試験の難度も様々です。中には非常に簡単に取得できる資格もありますが、そういったものは採用側の病院が嫌がる場合もありますので、試験の難度よりも、採用実績があり、信頼の出来る発行団体の資格かどうかを事前によく調べておく必要があります。せっかく資格を取ったとしも、それが無意味なものでは費用の無駄です。医療事務の仕事は日本全国どこの病院でも必要とされるものであり、大きな需要のある業務ではありますが、資格を取得する者も大勢いる業務ではあるので、まわりに遅れをとらぬ為にも資格を所持しておいて損はありません。また医療事務の業務それ自体も医師や看護士などとは異なり、特別高度な医療知識を必要とするものではありません。ですが、レセプト業務(診療報酬請求業務)やカルテの管理など多少なりとも日常に必要とされるものとは別の知識が必要となるのは事実です。病院での採用後、業務に円滑に従事出来る様、事前に医療事務についてよく勉強をし、何らかの資格を有しておく事は自分の為にもなります。

続きを読む

医療事務の資格~取得しておくと有利である

医療現場において医療事務が担う仕事内容は多岐にわたります。ですが、一番の核となるのはレセプト請求と呼ばれる業務です。その月に診療を受けた患者さんの、様々な情報が記載されたレセプトと呼ばれる書類をもとに、患者さんが支払われた以外の医療費を保険者に請求する業務です。この業務が正常に行われなければ、医療機関の健全な運営にも支障が発生するおそれもあるため、とても重要な業務です。またこれ以外にも、受付業務やカルテ整理業務などを担うことも少なくありません。そのため、ある程度の専門知識を有していた方が業務に就きやすいとは言えます。そうした知識を学習していることを証明する医療事務、または医療事務業務に関係する資格は、試験に合格することで取得することができます。ただしこれらは国家資格ではなく、試験を主催している団体もひとつではありません。例を挙げると、診療報酬請求事務能力認定試験、メディカルクラーク認定などがあります。前者は、医療事務に関する資格の中でも唯一、国家認定のものです。これは、それぞれの業務に関する省の大臣が認定しているもののことです。ですから、非常に医療現場からの信頼、需要が高いものと言えます。一方メディカルクラーク認定は、未経験者が受験するためには、所定の学習内容を修了しておく必要があります。受験条件が存在している分、やはり信頼性は高いと言えます。これらは取得しておかなくても、医療事務の仕事に従事することは可能です。しかし、取得しておいた方が採用面で優遇されますし、実際に働き始めた際に、別途手当などがつくこともあります。ですから興味がある場合は、どれかひとつでも取得しておいた方が良いです。

続きを読む