医療事務の給料について

医療事務の給料は、雇用形態によって変わってきます。正社員(高卒)だと、初任給がおよそ16万円、35歳でおよそ26万円、50歳でおよそ34万円です。大卒なら、初任給がおよそ18万円、35歳でおよそ27万円、50歳でおよそ36万円です。一般の事務職とさして変わらない水準ですが、後述のパートなどと比較すると高いですし、「身分が安定している」「社会保険が付いている」「ボーナスや退職金がある」などの利点もあります。ただし、朝が早かったり、残業が避けられないなどの難点もあります。次に、パートの医療事務の給料は、だいたい時給850円というのが相場です。これも、一般事務職と変わらない水準といえます。もちろん、働き続けるうちに上がっていくこともありますし、経験者であれば最初から1,000~1,200円ということも珍しくありません。とはいえ、どうしても正社員よりは低くなってしまいますが、その分残業は少ないですし、午前だけや午後だけなどの短時間勤務も可能であることが多くなっています。そして、派遣の医療事務の給料は、時給にして1,000~1,300円程度ですが、個人の能力によって変動します。未経験なら1,000円、資格を持っているなら1,200円、経験者なら1,500円くらいというのが相場です。パートよりも水準は高めですし、ある程度は労働時間についても交渉できるので、正社員とパートの中間に位置するといえます。