医療事務の資格~取得しておくと有利である

医療現場において医療事務が担う仕事内容は多岐にわたります。ですが、一番の核となるのはレセプト請求と呼ばれる業務です。その月に診療を受けた患者さんの、様々な情報が記載されたレセプトと呼ばれる書類をもとに、患者さんが支払われた以外の医療費を保険者に請求する業務です。この業務が正常に行われなければ、医療機関の健全な運営にも支障が発生するおそれもあるため、とても重要な業務です。またこれ以外にも、受付業務やカルテ整理業務などを担うことも少なくありません。そのため、ある程度の専門知識を有していた方が業務に就きやすいとは言えます。そうした知識を学習していることを証明する医療事務、または医療事務業務に関係する資格は、試験に合格することで取得することができます。ただしこれらは国家資格ではなく、試験を主催している団体もひとつではありません。例を挙げると、診療報酬請求事務能力認定試験、メディカルクラーク認定などがあります。前者は、医療事務に関する資格の中でも唯一、国家認定のものです。これは、それぞれの業務に関する省の大臣が認定しているもののことです。ですから、非常に医療現場からの信頼、需要が高いものと言えます。一方メディカルクラーク認定は、未経験者が受験するためには、所定の学習内容を修了しておく必要があります。受験条件が存在している分、やはり信頼性は高いと言えます。これらは取得しておかなくても、医療事務の仕事に従事することは可能です。しかし、取得しておいた方が採用面で優遇されますし、実際に働き始めた際に、別途手当などがつくこともあります。ですから興味がある場合は、どれかひとつでも取得しておいた方が良いです。